マイ・カート

0 items in your order

Papa Het's Hardwired Master Core Signature Electric Guitar Strings 3-Pack

Papa Het’s new hardwired Master Core signature string sets have been co-developed with Metallica’s James Hetfield over the past decade to best meet his demanding performance requirements. This signature set consists of James’s preferred 11-50 gauge combination using thicker Paradigm core wire and plasma enhanced nickel-plated steel wrap wire. They are ideal for James’s aggressive style and technique, offering a heavier sound with extra pitch stability. The Plain strings consist of Paradigm core wire with brass RPS reinforcement at the ball end for added strength and tuning stability. These limited edition signature sets are housed in a durable tin box with custom graphics and artwork designed by James! The tin box is compact, highly collectible, and includes three signature string packs inside.

• Thicker sound
• Added pitch stability
• Heavier core to wrap ratio
• Never before offered gauge combination (11, 14, 18, 28, 38, 50)
• Wound strings wrapped with Paradigm plasma-enhanced nickel plated steel around ultra high strength tin plated steel hex cores




Collectible String Tin

Limited Edition collectible tin box with graphics designed by James Hetfield holds three individual string sets for easy storage.

Hardwired

James’s custom 11-50 gauge combination uses a thicker Paradigm core wire and plasma enhanced nickel-plated steel wrap wire. The plain strings consist of Paradigm core wire with brass RPS reinforcement at the ball end for added strength and tuning stability.

Three Of A Kind

James Hetfield's limited edition signature strings come three sets per tin box.

アーニーボールの弦について
アーニーボールの弦について
その製造工程に迫る
金属の精錬
金属の精錬

弦に使用されている合金は、不純物を除去するため鉱石の段階から精錬することからスタートします。その後、材料は冷却されワイアー状に成形されます。コバルト・スリンキー、M-Steelスリンキー、アルミニウム・ブロンズ弦に使用されるアーニーボール独自の合金は最大のパフォーマンスと安定性を確実にするため仕様書に対して厳格に精錬されているのです。

原材料
原材料

アーニーボール弦は最高の品質で最も新鮮な材料からできており、それらは厳格な基準で選定されています。弦はスプールに巻かれたワイアーで構成されています。弦のタイプによってワイアーの材料とサイズを選定しています。

ボールエンドの製造
ボールエンドの製造

ギター/ベース弦のボールエンドはブラス・ワイアー・ロッドでできています。ピッタリフィットして確実に機能させるためにブラスはスペック通りに機械でカットされます。ボールエンドは弦とマッチングする前にバリを削除され洗浄されます。

弦を巻く工程
弦を巻く工程

巻弦は芯線と巻線で構成されています。芯線は6角形状のワイアーを決められた長さにカットし、その片方を特定された形状によじり、ボールエンドを装着して作られます。その後、芯線はワインディング・マシンにセットされ、そこで芯線を回転させながら芯線の周りに巻線を巻いていくのです。

コーテッド弦
コーテッド弦

コーテッド弦はアーニーボール独自のナノテクノロジーを使ってコート処理を行います。弦は束状で処理室にセットされ、そこで表面を整えてコート処理が行われます。

品質
品質

全ての原材料と弦は多数の箇所で行われる検査をパスせねばなりません。アーニーボールの弦は製造工程から袋詰の工程まで繰り返し検査が行われます。

アッセンブリー
アッセンブリー

アーニーボールの弦はゲージごと個別に巻かれて弦袋に入れられます。そして、スリンキー・セットは気密性の高いフォイル・パックに入れる工程に進みます。

パッケージ工程
パッケージ工程

弦のセットはエレメント・シールドを使ってパッケージされます。そのパッケージは外部から確実に遮断する腐食しないフィルムでできています。

浸漬試験
浸漬試験

パッケージされた弦セットは加圧型の水槽を使ってパッケージ接着部のチェックが行われ、そこで接着部のあらゆる箇所にストレスを与えていきます。こうすることによって確実にパッケージは完全に空気を遮断し接着部の品質が最適になるのです。

箱に詰めて出荷準備完了
箱に詰めて出荷準備完了

パッケージと検査が済めばただちに、最後の工程です。弦をカートン箱に詰めて世界中のミュージシャンに演奏されるために出荷されるのです。